はじめに

iPadやiPhone、iPod touchを画面のタップやスワイプなどではなく、スイッチを使って操作することができます。
iPad, iPhone, iPod touchには標準で「アクセシビリティ」という機能があります。これは、視覚サポート、聴覚サポート、操作のサポートなど、使い勝手を良くするための機能です。この中の「スイッチコントロール」機能を使えば、スイッチを使って操作をすることができるようになります。
病気や障害によりタップ操作がしにくいためからだの他の部分を使う、料理中で両手がふさがっている時にフットスイッチでレシピのページをめくる、離れた場所のiPadを操作するなど、さまざまな場面で活用できます。画面を指でタップして使うという固定概念から離れて、スイッチ操作の使い道もお楽しみください。
ちなみに、手が震えて画面をポンッと上手にタップできない方は、スタイラスペンを使うのも一つの方法ですし、「タッチ調整」という機能も便利です。ホームボタンを押すのが難しい方は「AssistiveTouch」を使えばホームボタンを押す操作を画面上のタップで行うことができます。このように、ちょっとした工夫で誰でもiPadを楽しんで使えるようになります。

 


スイッチコントロールについて

「スイッチでどう操作するか」を掘り下げていく前に、「何をしたいか?」をよく考えて準備することが大切です。目的にあったアプリを選ぶこと、そのコンテンツを正しく準備することで、目的までの道のりが大きく変わってきます。
例えば次の映像をご覧ください。指伝話メモリでカードを選択するのを、最初は指でタップしますが、次にスイッチを使って操作し、Google Homeに声をかけてニュースを聞いています。

従来のパソコンを使う方法では、ニュースを読むには、ブラウザを立ち上げ、ニュースサイトを呼び出し、目的の記事を選び、スクロールしながら読んでいました。これをスイッチで操作するのはそれなりに大変で緊張した操作を強いられました。ところが先の映像では、カードを1枚選択した後は、Google Homeがニュースを読み上げてくれました。
特定の記事を何度も読んで確認するのが目的であれば、Google Homeに読んでもらうだけでは足りないでしょうが、今日の出来事を知りたいという目的であれば、Google Homeに頼むのも悪くありません。今日の出来事を知るために大変な思いをするならニュースを知りたいとは思わないけど、簡単に知れるなら是非ニュースを知りたいと思うかもしれません。
「スイッチでどうやってブラウザで見ているページをスクロールするか?」を調べて伝えるだけでなく、何をしたいかを考えると、別な方法が見つかることもあります。ブラウザの操作が自由にできれば、様々なページが見れてできることが増えるでしょうが、そこに至るまでに諦めてしまうことが無いように、最初にやりたいと思ったことを実現できる道を考えることが重要だと考えています。

iPadのスイッチ操作で、指伝話メモリで作成したカードを選ぶことはとても簡単です。基本はタップして合成音声で誰かに話しを伝えるのが指伝話の基本的な使い方ですが、指伝話メモリを使えば、スマートスピーカーに話しかける、メッセージを送る、メールを送る、音楽をかけるといった操作も、カードを選択するという同じ操作でできるようにすることが可能です。

 


スイッチコントロールを覚える

スイッチコントロールには、実にさまざまな機能と設定があります。しかしそれをすべて覚える必要はありません。むしろ、使う人の身体の状態に応じた設定はどのようにしたらいいか?というところから調べていく方が早いです。
スイッチコントロールを勉強するには、指伝話メモリと一緒に使うととてもわかりやすいと思います。「指伝話を使いながら覚える iOSスイッチコントロール 1-2-3!」シリーズを是非ご活用ください。ウェブでもPDFでもご覧いただくことができます。

 


基礎編

スイッチコントロールに関する基礎的な項目について説明しています。
(2019年3月版)


PDF版はこちら
はじめに
説明について
説明で使用するアプリについて
ショートカットの設定
スイッチコントロールの設定を初期値に戻す
競合する機能を一旦オフにする
操作の種類
適した設定を行うために
スイッチコントロールの操作
スイッチの登録
自動ハイライト(項目モード)を試す
ハイライトメニューについて
自動ハイライト(ポイントモード)を試す
グライドカーソルについて
ポイントモードの設定の注意
手動ハイライト(項目モード)を試す
単一スイッチステップハイライトを試す
項目のグループ化
ポイントモードと項目モード
自動ハイライトと手動ハイライト
解説

 


接続編

スイッチコントロールに関する基礎的な項目について説明しています。
(2019年4月版)


PDF版はこちら
はじめに
スイッチについて
スイッチ有線接続キット
スイッチ有線・無線接続キット
指伝話ぽっち

 


レシピ編

スイッチコントロールに関する基礎的な項目について説明しています。
(2019年3月版)


PDF版はこちら
レシピとは?
レシピの準備
レシピの作成
作成したレシピを試す(めくってタップ)
変わる君のマクロ機能を利用した場合との比較
手動ハイライト・自動ハイライトを切り替えるレシピ
作成したレシピを試す(手動ハイライト・自動ハイライトの切り替え)

 


新しいスイッチコントロールの機能 iOS 12

新機能や変更点について説明しています。
(2018年9月18日版)


PDF版はこちら
はじめに
注目の新機能
指伝話アプリと iOS 12 の関係
スイッチコントロールの新機能
1)スイッチコントロールのポイントハイライトの「シングル」
2)スイッチコントロールのハイライトメニュー項目「ショートカット」
3)スイッチコントロールのハイライトメニュー項目「Split View」
4)スイッチコントロールのハイライトメニュー項目「Appスイッチャー」
5)スイッチコントロールのハイライトメニュー項目「消音」
6)スイッチコントロールのハイライトメニュー項目「速度を上げる/下げる」
7)タッチ調整の「スワイプジェスチャ」
8)視覚サポートの「透明度を下げる」
9)聴覚サポートの「補聴器の互換性」

 


アクセシビリティを覚える

iOSには、さまざまなアクセシビリティ機能と設定があります。そもそもiPadは、すべての人に楽しく使ってもらえるようにデザインされたものですので、特にアクセシビリティ機能を使ったものだけをアクセシビリティを考慮したものということではありません。標準の機能自体がアクセシビリティを意識してデザインされたものとなっています。
指伝話アプリを使用する方には、手の震えがある、目が見えづらいといった方もいらっしゃいます。標準に用意されている機能を使ってどんなことが可能になるか、また、指伝話アプリと連携してより使い易いアプリにするにはどのような設定をすればよいか、その発見のために「指伝話を使いながら覚える iOSアクセシビリティ 1-2-3!」シリーズを是非ご活用ください。ウェブでもPDFでもご覧いただくことができます。

 


タッチ調整編

タッチ調整の設定について説明しています。
(2019年4月版)


PDF版はこちら
 はじめに
保持継続時間
繰り返しを無視
タップ補助
指伝話メモリとタッチ調整

 


手書き入力編

手書き入力に関するアイデアを説明しています。
(2019年4月版)


PDF版はこちら
 はじめに
手書きした文字を読み上げたい
手書きでメールを送りたい