ホーム > 指伝話アプリ > 指伝話メモリ

カードタイプの指伝話

絵や写真と文字と音声を組み合わせたカードを自由に作成できます。

意思伝達カード、学習教材、飲食店の外国語メニュー作成、メモリーノート、読み聞かせ紙芝居など、さまざまな場面でお使いいただいています。

作成したカードセットを閲覧する機能だけのYMプレーヤーは、iPhoneでもお使いいただくことができます。



iPad版 20,000円
最新バージョン 1.3
対応iPadOS 9〜14
iPhoneでカードセットをご覧になるには、別売のYMプレーヤーをご利用ください。



さまざまな操作方法

シンプルなカード表示だから、画面を指でタップするだけでなく、マウスやトラックパッド、スイッチコントロールでの操作も簡単です。

話すだけではない

音楽をかけたり止めたり、メッセージを送ったり、他のアプリを呼び出すことも、カード1枚をタップするだけで操作できるカードを作ることができます。

さまざまな表示方法

カードの表示内容は、文字だけ、画像だけ、文字と画像など16通りの組み合わせから選択できます。画面に表示するカードの数は1〜16枚から選択。音声の有無も含めると、その表示方法は3,000通り以上にもなります。




カードをタップして話す


1画面の表示枚数は1〜25枚、階層的な表示もOK


思い出の写真にメッセージを加えたメモリーノート




教材作成にも便利


写真とともにカードが作れる


リハビリ現場でも利用されています


指伝話メモリ1.3の新機能

以前のバージョンをお使いの方は、App Storeから無料で最新版をダウンロードしていただくことができます。

新バージョンでは、カードの25枚表示、文字色・背景色の設定、iCloudバックアップへの対応などに対応しました。

サンプルセットのダウンロード

指伝話メモリで作成したサンプルセットを、指伝話メモリやYMプレーヤーにインストールしてご覧いただくことができます。
こちらをご覧ください。

指伝話RT
ご購入前に無料でお試しいただく指伝話メモリのサンプルをご覧いただけるアプリもあります。
こちらをご覧ください。

よくある質問と答え

こちらをご覧ください。

説明書

こちらをご覧ください。




指伝話メモリ1-2-3! バージョン1.3へのアップデート編
新機能の説明書です。




ホーム > 指伝話アプリ > 指伝話メモリ