日常生活用具とは?

厚生労働省の「日常生活用具給付等事業」という市町村が行う地域生活支援事業の一つとして障害者等の日常生活がより円滑に行われるための用具を給付又は貸与することにより福祉の増進に資することを目的とした制度があります。
この制度を利用することにより、ご購入の際にお住まいの市町村から補助金が給付される場合があります。

各市町村ごとの判断です

日常生活用具として給付決定するかどうかは、各市町村の判断となります。給付決定は各市町村の判断ですが、困っている方がいて、それを解決する手段があるならと、前向きにご対応くださる自治体が増えていることは、患者さんとご家族の方には朗報だと思います。ただ、自治体の予算、制度の問題から認めないと判断するところもありますので、日常生活用具の制度についてはお住まいの市町村の福祉担当窓口にご相談ください。

購入前に申請してください

日常生活用具としてお買い求めいただく場合は、ご購入前に手続きが必要です。ご購入後には給付申請できませんので、ご注意ください。
なお、日常生活用具として指伝話および関連製品をお使いになる場合には、まずは言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、特別支援学校の先生など専門家にご相談されることをお勧めしています。また、ご担当の専門家の方と弊社とで、適した機材や設定について電話やメールで意見交換を行います。


2種類の申請カテゴリー

用途に合わせてお選びください。両方同時に申請できる場合もあります。

携帯用会話補助装置

自分の声の代わりに指伝話をお使いになる場合などに指伝話キットをご利用いただいています。指伝話キットは届いたらすぐに使えるよう、設定もすべて行った上でお届けしています。指伝話コミュニケーションパックは、カード型コミュニケーションの基本セットも含みます。

情報通信支援用具

スイッチを使ってiPadや指伝話を操作したい場合に、スイッチやiPadの固定アームと併せてご利用いただいています。

 

申請の手順

STEP 1 専門家(PT, OT, STなどのセラピストや特別支援学校の先生ら)に相談

日常生活用具として指伝話および関連製品をお使いになる場合には、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、特別支援学校の先生など専門家にご相談されることをお勧めしています。まずは学校の先生や行きつけの病院の言語聴覚士に、身近で相談できる人がいない場合には各都道府県の言語聴覚士会などにご相談されると良いと思います。

STEP 2 お住まいの市町村の窓口で相談

日常生活用具制度については各市町村の福祉担当窓口に、製品の内容・その他ご不明なことは、弊社にお問い合わせください。
既に指伝話および関連製品を日常生活用具として採用した実績のある市町村の場合は、申請はスムーズに行われると思いますが、そうでない場合は、各市町村での判断が先に行われることになります。
日常生活用具は、市町村ごとに分類が定められています。どの分類で給付決定可能か、窓口の方が調べてくださいます。
また、申請の条件も市町村ごとに定められています。障害者手帳が必要な自治体もありますし、なくても給付決定する自治体もあります。それぞれ条件が異なりますので、この点も窓口の方にご相談ください。
相談の際に、日常生活用具 携帯用会話補助装置 / 情報通信支援用具のカタログを印刷してお持ちになると、窓口では必要に応じて弊社に問い合わせをしてくださいます。

STEP 3 見積書の作成と申請

市町村での日常生活用具としての申請は、窓口でもらう申請書にご記入いただく他、弊社からの見積書とカタログを添付する必要があります。
見積書の宛先など、形式も各市町村で異なりますので、申請が決まった段階で、ご本人・ご家族の方が弊社までご連絡ください。福祉担当窓口の方にお願いして弊社に連絡をいただいても構いません。窓口の方と弊社とで連絡を取り合い、事務手続きがスムーズに行われるように致します。

STEP 4 自己負担分のお支払い

市町村からの給付が決定となった場合、費用の一部または全部を市町村が負担してくださいます。自己負担分がある場合は、弊社から別途請求書をお送りしますので、銀行または郵便局でお振り込みください。
なお、市町村から給付券を受け取った場合など、弊社宛に提出する書類があれば、ご郵送ください。あらかじめファックスいただくと、お手続きがさらにスムーズになります。

STEP 5 お届け

すべての事務手続きが終わりましたら、弊社から製品をお届けします。

 

給付決定の実績がある自治体

2018年10月現在、支給条件は市区町村の判断で変更となることがあります。
北海道 美瑛町(※2)、札幌市(※1)
岩手県 一関市(※2)、滝沢市(※2※5)、盛岡市(※2※5)、紫波町(※2※5)、宮古市(※2)、矢巾町(※2)、大船渡市(※2)、北上市(※2※5)、陸前高田市(※1※5)
宮城県 名取市(※5)、気仙沼市(※5)
福島県 郡山市(※2)、田村市(※2※5)、小野町(※2※5)
新潟県 長岡市(※2)、見附市(※2)、三条市(※2)、南魚沼市(※2)、魚沼市(※2)、十日町市(※2)、小千谷市(※2)、新潟市中央区(※2)
福井県 福井市(※3)
埼玉県 さいたま市大宮区(※2)
千葉県 市川市(※2)、鴨川市(※2※5)、鋸南町(※2)、南房総市(※2)、白井市(※2)、茂原市(※2)、いすみ市(※2)、松戸市(※2)
東京都 世田谷区(※2※5) 、墨田区(※2)、豊島区(※2)、杉並区(※2)、江東区(※5)、台東区(※2)、練馬区(※3)、港区(※1※4※5)、
 あきる野市(※2)、八王子市(※2)、府中市(※2※5)、町田市(※3※5)
神奈川県 藤沢市(※2)、茅ヶ崎市(※2)、横浜市戸塚区(※1※5)、横浜市泉区(※1※5)、小田原市(※1※2)
静岡県 浜松市南区(※2※5)、浜松市中区(※2)
岐阜県 川辺町(※2※5)、瑞浪市(※2※5)、土岐市(※2※5)
愛知県 名古屋市北区(※2)、名古屋市天白区(※2)、名古屋市緑区(※2※5)、名古屋市南区(※2※5)、名古屋市西区(※1)、日進市(※3)
大阪府 枚方市(※2)
兵庫県 神戸市東灘区(※2)、神戸市北区(※5)、神戸市西区(※2)
徳島県 吉野川市(※2)
香川県 高松市(※2)
広島県 大崎上島町(※2)、東広島市(※1※5)
山口県 山口市(※1※5)
熊本県 菊陽町(※2)
※1 アプリ、※2 指伝話キット、※3 指伝話コミュニケーションパック、※4 指伝話コミュニケーションパックフルセット、※5 情報通信支援用具(スイッチやアーム類など)

神奈川県横浜市はアプリの支給は対象外となり情報通信支援用具のみという回答でした。
東京都八王子市はアプリの給付とiPadの給付をそれぞれ申請する方式となっています。
岩手県陸前高田市はアプリの給付とiPadの給付をそれぞれ申請する方式となっています。

 

iPadの保証について

弊社から日常生活用具の給付にて、指伝話キット、指伝話コミュニケーションパック(フルセット)をご購入になられた場合のiPadの製品保証は次の通りです。
延長メーカー保証は、指伝話キットは2年目の延長メーカー保証は標準で加入済、指伝話コミュニケーションパック(フルセット)はオプションとなります。

通常メーカー保証
iPadの手配時からの1年限定保証です。詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.apple.com/legal/warranty/products/ios-warranty-japanese.html

iPadの修理は製品本体交換での対応となります。メーカーより供給される交換用の製品本体は新品とは異なりますのでご了承ください。メーカー保証期間内であれば、メーカーの修理規約に準じた無償修理となります。

次のような場合は、保証期間に関わらず下記の本体交換価格での有償修理となります。
(液体こぼし、水没、腐食、画面ひび、画面に複数のキズ、 コネクタ損傷、電源ボタン損傷、深い引っかきキズ、へこみ)

次のような場合は、保証期間に関わらず有償修理(別途見積り)となります。
(分解された製品、部品欠損、不正改造、全損、非純正品)

延長メーカー保証
Apple純正部品を使い、メーカー修理と同等な技術・サービスをご提供する2年目の延長保証に加入することも可能です。指伝話キットは2年目の保証延長は標準で加入済、指伝話コミュニケーションパック(フルセット)はオプション(費用:10,800円税込)となっています。

オフィス結アジアの技術サポートについて
メーカー保証期間も含めて、日常生活用具給付品として市区町村が定める期間(通常5年)は、弊社製品のご利用者さんとしての技術相談をお受け致します。製品使用上に発生する問題や疑問、質問は、弊社窓口までご連絡ください。修理が必要かどうかの見極めがつかない場合など、有償修理、無償修理の判断を弊社でiPadをお預かりして確認するなどの対応を行なっています。
メーカー修理の場合は、通常は宅配便によるiPad本体のピックアップが行われ、お使いになる方とメーカーとの直接のやりとりとなりますが、そのやりとりの代行や、ご説明を弊社サポートで行うこともしています。お使いのiPadの調子が悪い時は、まずはご連絡ください。

技術相談窓口
有限会社オフィス結アジア
住 所: 251-0012 神奈川県藤沢市村岡東3-12-10
メール: info@yubidenwa.jp
電 話: 0466-21-7448
ファックス: 0466-21-7996