コミュニケーション支援といっても、どこから手をつけてよいかわからない、何が問題なのか・何がわからないかがわからない、といったことは多いと思います。また、アプリの内容、スイッチの選定や設定、行政窓口への伝え方など、考えることがたくさんあって目が回ってしまうこともあります。

 そんな時には、まずはご連絡ください。問題を整理して次の一歩に進むために一緒に知恵を絞ります。

 また、指伝話メモリや指伝話プラスの機能の一部を体験していただくためのアプリがあります。法人向けになりますが、評価用機器の貸出(2020年10月からはZoomでの指伝話オンライン勉強会付)もございます。

 どうぞ一人で悩まず、周りを頼ってください。ご連絡お待ちしています。

 


 

アプリを試す

 

指伝話RT

絵や写真をタップして音声でことばを伝える、指伝話メモリで作成したカードのお試し版です。
・指伝話メモリで作ったさまざまなサンプルセットをお試しいただくことができます。
・絵カードやセットの編集はできません。自分で絵カードやセットをつくる場合は、指伝話メモリをご利用ください。

指伝話ちょっと

登録したことばをタップすると音声で伝える、指伝話プラスのお試し版です。
・ことばの追加登録はできませんが、入力したことばの音声を試しに聞くことができます。
・ことばを選択すると、数回に1回「指伝話です」ということばが入ります。
・指伝話ちょっとは広告が表示されますが、有償版は表示されません。

 


 

評価用貸出機について

病院や施設、学校を対象とした評価機貸出を行っています。
指伝話をお試しになる方が言語のリハビリテーション、訓練等に取り組まれている場合を考慮し、個人への貸出は行っておりませんのでご了承ください。
なお、個人で試用をご希望の場合は担当の言語聴覚士さんや学校の先生とご相談の上、お問い合わせください。
こちらのページをご覧ください。
 
中長期の貸出についてもご相談ください。
 
10月以降の評価機貸出は、Zoomでの指伝話オンライン勉強会付きが標準となります。