(2019年12月)

はじめに

 
スイッチコントロールは、iPhone/iPadの標準機能で、スイッチを使って操作するためのさまざまな設定ができる機能が用意されています。ここでは、基本的な2つの使い方、項目モードポイントモードをご紹介します。

 
 


 
 

項目モード

操作方法
タップする項目のところにカーソル(青い枠)が表示されます。自動でカーソルが順番に動いていき、タップしたいところでスイッチを押します。カーソルの動く速度は調整可能です。



 
 


 
 

ポイントモード

操作方法
UFOキャッチャーの要領で、縦横の位置を決めてタップするところを指定します。映像では縦横1回ずつで選んでますが、細かい場所を選択する場合には、縦横それぞれ一度だいたいの場所を決めてから細かい位置を調整する2段階選択方式、3段階選択方式もできます。下の画像のように大きな場所を選択するのであれば、縦横1回ずつの選択で十分できるでしょう。


 
 


 
 

関連する話題

はじめてのスイッチ操作
はじめてスイッチで操作される時、ここからスタートすると良いというアイデアです。

1スイッチ操作と指伝話メモリ
iPadのスイッチ操作で、スイッチを1つだけ使って行う方法の工夫をご紹介します。

1スイッチ操作と指伝話文字盤
iPadのスイッチ操作で、スイッチを使って行う方法の工夫をご紹介します。

1スイッチで指伝話文字盤とiPadを操作
指伝話文字盤も他のアプリも両方ともスイッチコントロールを使って操作したい場合に、レシピを使って行う例をご紹介します。指伝話メモリのカードを選択する場面もあります。

指伝話RTでスイッチ操作を体験
無料のアプリ「指伝話RT」を使ってスイッチ操作を体験する手順をご紹介します。

指伝話を使って覚える iOSスイッチコントロール 1-2-3!
スイッチコントロールに関する基礎的な内容、機器の接続などの説明書です。