iOS スイッチコントロール 1-2-3! (1)

準備

はじめに必要な設定を行います。一度だけ行えば良い設定です。

1)標準の設定にする
スイッチコントロールと競合することを防ぐために、スイッチ操作に不要な機能をオフにします。

手順
設定 > 一般 > アクセシビリティ を開く。
(視覚サポートの欄)
VoiceOver を オフ にする。
ズーム機能 を オフ にする。
スピーチ をすべて オフ にする。

(操作の欄)
AssistiveTouchオフ にする。
タッチ調整 を オフ にする。
キーボードキーのリピート複合キースローキーオフ にする。

(学習サポートの欄)
アクセスガイドオフ にする。

設定 > 一般 > アクセシビリティ > スイッチコントロール を開く。
(スイッチ安定化の欄)
保持継続時間オフ にする。
繰り返しを無視オフ にする。

(オーディオの欄)
効果音オフ にする。
読み上げオフ にする。

(項目をグループ化)
項目をグループ化オフ にする。

(ビジュアルの欄)
大きいカーソルを使用オン にする。
カーソルの色ブルー にする。

 

2)ショートカットを設定する
iPhone/iPadのホームボタンをトリプルクリックする(3回続けて押す)ことで、アクセシビリティのオン・オフを切り替える設定をします。ホームボタンがない機種(iPhone X)ではサイドボタンを使います。

手順
設定 > 一般 > アクセシビリティ > ショートカット
スイッチコントロールチェックを入れる
・他のものはチェックを外す。

ホームボタンのトリプルクリックで、アクセシビリティのオン・オフを行うことができるようになります。アクセシビリティにはいくつかの種類がありますが、ショートカットの設定をスイッチコントロール1つだけにしていると、スイッチコントロールのオン・オフを画面のトリプルクリックで行うことになり便利です。
スイッチコントロールをオンにした後、オフにしたくなったらホームボタンをトリプルクリックしてください。

 

3)スイッチコントロールのハイライトメニューの項目を設定する
ハイライトメニューを通して、さまざまな操作を行うことができるようになります。メニュー項目が多すぎると混乱してしまいますので、最初は次に示す必要最低限の項目にしておくことをお勧めします。

手順
設定 > 一般 > アクセシビリティ > スイッチコントロール > メニュー項目 > 最上位レベル
メニュー項目を追加 を選び、設定グループ化オン/オフ を チェック する
最上位レベル のメニュー項目の中の次のものだけチェックをして順番を並べ替える
  esc
  要素固有のアクション
  ホーム
  項目/ポイントモード
  グループ化オン/オフ
  スクロール
※ iOSのバージョンによっては表示される項目が異なる場合があります。