指伝話文字盤をスイッチで操作している映像です。(自動スキャン)

スイッチは、ピエゾ・ニューマティックセンサスイッチのニューマティック(空圧)の方を使っています。チューブの先端にスポンジを中に入れた風船をつけ、わずかな指の動きで反応するようにしています。

指伝話文字盤の設定で、スキャンの速度、行と段のどちらを先にスキャンにするか、あ行を左右のどちらに置くか、声(男性・女性、音程、速度)などを変更することができます。

スイッチ接続キットの変わる君は、ジャック1をボタン設定で「1」キーを送信する設定になっています。スイッチを押すことで指伝話文字盤の「→」ボタンを押すのと同じ操作ができます。iPadOSのスイッチコントロールの機能は使わずにスイッチで操作しています。


映像で見る指伝話 > アプリ