指伝話メモリで作った教材サンプル

提示した名前の野菜を、2つの写真から選ぶクイズです。




アイデア

画像の加工
不正解の場合は、写真を白黒になるようにしました。画像を白黒にするのは、iPad標準の写真アプリでできます。

表示する内容
「ぶぶー、違います」というのではなく「そうかな?」と言うのも特長です。単に間違ったことを伝えるのではなく、次に進むことを促す声がけです。
正解の場合は、次の画面に移り、全体の画像と断面の画像を表示します。そのことについての会話を引き出すきっかけとなる一言伝えるようにしました。
野菜を選ぶだけでなく、さまざまな2択問題のテンプレートとしてお使いいただくことができます。正解と不正解ではなく、両方正解であってもいいと思います。
正解の数を競う教材ではありません。会話のきっかけ、iPadを離れて活動を広げるきっかけとなります。
いろいろと工夫してみてください。中身は自由です。楽しんで作ってください。


ダウンロード

セットは指伝話メモリ、YMプレーヤーにダウンロードすることができます。
カードの一部は、Keynoteを使って作成しています。

Onajiiro セット(64.4MB)をダウンロードする Keynoteのファイルをダウンロードする

戻る
サンプルセット > 教材セット一覧

セットのダウンロード方法