作り方を工夫したセット

4つのカードから選んであいづちを打つセットです。
同じ素材を使って、4種類のセットを作りました。使い方の工夫と組み合わせてください。


1)基本形
タップするとあいづちを音声で伝えます。

2)フランス語
タップするとあいづちをフランス語の音声で伝えます。


3)1ページごと
1ページに2枚のカードを表示しますが、左側は空白で右側がことばのカードです。ことばのカードをタップすると音声で伝えます。


4)1ページごと+全体の地図
1ページに2枚のカードを表示しますが、左側に4つの選択肢のどこが選択されているかを表示し、右側がことばのカードを表示します。ことばのカードをタップすると音声で伝えます。



アイデア

画像の加工
当初は白地に黒文字で書いていましたが、字が読めなくても色で判断できれば良いというアイデアで、カードに背景色をつけました。

使い方の工夫
画面のタップで使う他に、スイッチ接続キット(変わる君)の設定で「パターン入力」でスイッチを押した回数に応じてカードを選択するようにして使用します。この方法はスイッチコントロールを使わないので設定で戸惑うことがありません。

1と2では、押した回数に対応するカードがタップされます。
2と3では、1回押しで「めくってタップ」によって選択肢が表示されます。2回押しで表示されている右側のカードをタップすることになります。

スイッチ接続キット(変わる君)の設定については、「わかる変わる君」をご参照ください。


ダウンロード

セットは指伝話メモリ、YMプレーヤーにダウンロードすることができます。
カードの一部は、Keynoteを使って作成しています。

指伝話メモリのセット(3.4MB)をダウンロードする 指伝話メモリのセット(3.4MB)をダウンロードする(iOS 11までの方) Keynoteのファイル(240KB)をダウンロードする

戻る
サンプルセット > 作り方を工夫したセット一覧

セットのダウンロード方法