指伝話メモリのベータテストにご協力いただき、ありがとうございます。
この説明は、ベータテストにご協力いただく方に、ベータテストにあたっての注意点、新しいバージョンの変更点をお知らせするためのものです。
ベータ版を使い始める前に、ご一読いただき、注意事項をご理解の上、ベータ版をインストールしてください。


ベータ版を使い始める前に

新バージョンの機能について

バージョン2で追加・改訂された機能は、「指伝話メモリ バージョン 2.0 新機能と改善点のページ」に記載があります。ご参照ください。
 

バックアップをとっておいてください

万が一のトラブルに備え、指伝話メモリで作られているセットは、バックアップをとっておいてください。ベータ版をお使いになることによって発生するいかなる損害に対する補償も弊社では対応できないことを予めご了承の上、万が一の問題が発生しても影響のない範囲でベータテストを行ってください。
 
バックアップと復元には、次の3つの方法があります。
1.iPadのフルバックアップ
iPadの標準の機能を使い、iPadをパソコンに接続し、iPad全体のフルバックアップを取ってください。なお、iCloudバックアップでは、指伝話メモリのセットはバックアップされません。
復元もiPadの標準の機能を使って行ってください。
 
2.ファイルの退避
ファイルアプリを開き、このiPad内 にある 指伝話メモリ フォルダを、別な場所に退避してください。
復元は、バージョン1の指伝話メモリをインストールしなおした後に、このフォルダを上書きで戻してください。
 
3.セットファイルの書き出し
各セットのカード一覧画面で、書き出しを選択し、外部ファイルとしてセットを書き出してください。
セットの復元は、書き出しておいたセットのファイルをインストールしなおした指伝話メモリに読み込んでください。
 

データ変換について

指伝話メモリバージョン1では、内部的なデータファイルは、iPad内の指伝話メモリフォルダに置かれていました。バージョン2ではじめてアプリを開いた時に、バージョン1のファイルを変換します。バージョン2ではこれら内部的なファイル・フォルダは非表示となります。一度、バージョン2に変換したファイルはバージョン1に戻すことができません。必ずバックアップをとってからベータ版をご使用ください。
 

ベータテストを終了するには?

・製品リリース前
バージョン2の製品版リリース前にベータテストを終了するには、AppStoreでバージョン1の製品版をダウンロードしてください。ベータ版のアプリが上書きされて、製品版の指伝話メモリが使用できるようになります。ただし、新規インストールとなりますので、必要に応じてセットをバックアップしたファイルから復元してください。

・製品リリース後
バージョン2の製品版リリース後にベータテストを終了するには、AppStoreでバージョン2の製品版をダウンロードしてください。ベータ版のアプリが上書きされます。ベータテストをしていた時のセットは保持され、 そのまま製品版を利用可能となります。
 

お願い

ベータ版を使用して問題点が見つかった場合は、弊社サポートまでご連絡ください。

弊社が公開している内容以外は、ベータ版の情報をSNS等で公開しないでください。


ベータ版のインストール

次の手順でベータ版をインストールしてください。

1.AppStoreからTestFlightアプリをダウンロードする。
2.ベータ版をインストールするiPadで、弊社からお伝えするURLを開き、TestFlightに表示される手順でインストールを行ってください。

 


ご質問・お問い合わせ、問題点

機能や動作に関するご質問、問題点の報告は、電子メールで info@yubidenwa.jp までお送りください。

 

ご協力をいただき、ありがとうございます。