ホーム > 勉強会 > M05 指伝話メモリ・素早くカードを作る

 

M05 文字カードのテンプレートを使う
文字だけのカードを素早く作るテンプレートの使い方の説明です。テンプレートを使う方法だけでなく、通常の画像を使用するカードを作成していく上で、効率良く操作を行う方法を説明します。

参考資料
指伝話メモリ 1-2-3! 文字カードテンプレート編

事前に必要となる知識
・セット一覧の操作
・セットの作成と編集、カードの追加
・カードの編集

このセッションで使う技術
・テンプレートを使った文字カードの作成
・画像を使ったカードを作成する際に効率良い作成方法

指伝話メモリのカード作成課程の動画
ビデオを見る

準備しておくもの
・指伝話メモリ
・文字カードテンプレートセット。ダウンロードし、指伝話メモリに読み込んでおいててください。
 テンプレートは3種類あります。16枚表示までであれば、標準版を使ってください。25枚表示を使いたい場合は、iPad Pro 12.9インチは標準版、iPad miniサイズは小サイズ、それ以外は中サイズを使ってください。
中サイズ・小サイズで、1〜16枚表示にしても使えますが、カードサイズがぴったりではなく余白ができます。
それぞれのカードの説明欄に書いてあるHTMLは編集しないで、そのまま使ってください。
ymsファイルはこちら
zipファイルはこちら

テンプレートセット(画面)


作成したセット例(画面)


作成したセット例(画面)

 

ホーム > 勉強会 > M05 指伝話メモリ・素早くカードを作る