タイトル:
指伝話メモリとiOSスイッチコントロール

スケジュール:
2019年11月2日(土)
10:00〜10:30 ICTは機械ではなく機会です(お話し)
10:30〜12:00 指伝話メモリ(実習)
12:15〜13:15 ランチタイムセッション(お話し)
13:30〜15:00 iOSスイッチコントロール(実習)
15:30〜16:00 質疑応答、デモンストレーション

内容:
iPadで使うコミュニケーションアプリ「指伝話メモリ」は、病気や障害で自分の声でお話しがしづらい方たちの代わりの音声としてだけではなく、日常生活を一緒に過ごす自分の相棒として使っていただくことが増えてきました。おとなからこどもまで、病気や障害の有無、種類や程度にかかわらず、コミュニケーションはみんなの共通の課題です。
また、画面をタップする操作がしづらい方には、iOSのスイッチコントロール機能を使って、少しの力でiPadを操作する方法が人気です。

今回は、指伝話メモリのカード作成と工夫したインタフェースの作り方、iOSのスイッチコントロールの様々な設定を、iPadを操作しながら勉強する内容です。

勉強会講師:
高橋宜盟(有限会社オフィス結アジア代表取締役)

ランチタイムセッション講師:
高松 崇さん(NPO法人支援機器普及促進協会(ATDS)理事長)

場所:
京都アスニー 第7研修室(5F)
(〒604-840 京都府京都市中京区聚楽廻松下町9-2)

参加費:
2,000円
ランチタイムセッションは、昼食を召し上がりながらお聞きください。お弁当をご希望の方は、1,000円で事前予約承ります。

主催:
有限会社オフィス結アジア

協力:
NPO法人支援機器普及促進協会(ATDS)



リーフレットはこちら


【お申し込みはこちら】

昼食はお持ち込みいただくことができます。お弁当の予約は必須ではありません。
自動返信のメールが info@yubidenwa.jp から届きますので、迷惑メールフィルタなどご利用の場合は、受け取れるように設定しておいてください。
車椅子でご参加の方、介助者と一緒に参加される方は、お知らせください。