ホーム > 石川県リハビリテーションセンター・勉強会フォローアップページ

 

はじめに
勉強会にご参加いただき、ありがとうございました。

限られた時間の中でお伝えできなかったこと、ご質問いただいたことに回答できなかったことは、ここに情報を掲載致します。

追加でご質問等ある場合は、info@yubidenwa.jp にメールでご連絡ください。
いただいた内容は、個人情報を伏せて一般的な内容として、ここで他のみなさんとも共有できるように致します。随時更新致します。

個別の相談は、Email info@yubidenwa.jp Tel.0466-21-7448 までお問い合わせください。

法人・団体向けに、Zoomセミナー付きの評価用貸出機(有償)を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

プレゼン資料

ハンズアウト

スライドをハンズアウト用にしたPDFです。

はじめての指伝話

はじめて指伝話製品をご検討になる方・お使いになる方に向けた小冊子です。

お知らせ

指伝話RT


カードタイプの指伝話メモリで作ったサンプルをお試しください
指伝話メモリで作成したさまざまなサンプルを、製品版で使われている流暢な合成音声とともにお試しいただくための無料アプリです。カードタイプは自由度の高いアプリですので、RTの中のサンプルはほんの一部のアイデアだけですが、表示方法や使い道にはさまざまあることを感じてください。


医療・リハビリテーション関係者割について

医療・リハビリテーション関係者の方が、個人でご自身のiPadにアプリを購入してインストールする場合、事前にお知らせください。10%割引価格で提供致します。ご購入後では対応できませんのでご注意ください。

いただいたご質問への回答
支援制度は使えますか?
日常生活用具の携帯用会話補助装置・情報通信支援用具での支給実績があります。市区町村によって対応がいろいろです。初めてのところは、「とにかくiPadはダメ」「アプリだけならいい」というように、内容をわかってないがために給付しないと言われたこともありますが、丁寧に説明を繰り返し支給決定につながったところもあります。役所への説明は弊社から致しますので、まずは弊社にご連絡ください。

音声での操作はどうやってしますか?
iPadのアクセシビリティ機能の1つ「音声コントロール」を使用します。音声コントロールは現時点では英語による操作となりますが、指伝話メモリのカードを選ぶために必要な数字を言う程度の簡単なものなら操作がしやすいです。カードを選べばいろいろとできることはあり、それは指伝話メモリが対応することですので、お使いになる方は比較的簡単に操作できることを広げていただくことができます。



指伝話の使用例の一つを紹介


iPadでできることが広がる



音声コントロール編


視線入力編




はじめてのカード作り