(このページの情報は、2020年9月23日に更新しました。)


iPadOS/iOS 14の対応について

iPadOS/iOS 14へアップデートされる方は、次の点をご注意ください。

◎ 指伝話メモリ(指伝話メモリ for ST)

iPadOS 14で初めてカードを作成する際に、”写真”へのアクセスの確認が求められた時は、「すべての写真へのアクセスを許可」を選択してください。もし、「写真を選択…」や「許可しない」を選択した場合には、設定アプリで指伝話メモリの設定を開き、”写真”のアクセスを変更してください。
なお、以前のiPadOSから指伝話メモリを使用している場合は自動的に「すべての写真へのアクセスを許可」となっています。

◎ スイッチ接続キット(変わる君)

iPadOS/iOS 13.4以降で、古いファームウェアでお使いの場合は、スイッチコントロールが使えなくなるなどの問題があります。ファームウェアの交換で解消します。詳しくはこちらをご覧ください


iPadOS/iOS バージョン別対応状況

表の中の記載例:

: 動作する環境
: 動作する環境・注意点があります
X : 動作しない環境

 

アプリ バージョン iOS 9 iOS 10 iOS 11 iOS 12 iOS 13 iOS 14 注意点
指伝話メモリ 1.2.1 ※1
指伝話メモリ for ST 1.2.1 ※1
YMプレーヤー 1.2.1
指伝話RT 1.2.1
指伝話プラス・指伝話 1.6
指伝話文字盤 1.1.1 X
指伝話ぽっぽ 2.3.1
指伝話ちょっと 1.5.1 ※2

 

注意点 説明
※1 iOS 10.3以降でセットの書き出しをする際、セット名に日本語の濁音と半濁音の文字が含まれている場合、AirDrop経由の書き出しが失敗する問題があります。これを回避するには、書き出し先を一旦メモ帳など他のものに対して行い、そこからAirDropで送信すると問題がありません。当面はその方法をご利用ください。
※2 iPadOS/iOSの新しい機種での画面サイズに対応していません。

 

◎ スイッチ接続キット(変わる君)について

iPadOS/iOS 13.4以降で、古いファームウェアでお使いの場合は、スイッチコントロールが使えなくなるなどの問題があります。ファームウェアの交換で解消します。詳しくはこちらをご覧ください

◎ 指伝話ぽっちに関する過去のお知らせ

指伝話ぽっち(スイッチ接続のためのアダプタ)について
2019年10月1日 指伝話ぽっちは、販売を終了しました。引き続き製品をお使いでサポートが必要な方は弊社サポート(info@yubidenwa.jp)までご連絡ください。

指伝話ぽっちのファームウェア更新プログラムについて
iPadとスイッチを接続するBluetooth接続のアダプタ「指伝話ぽっち」は、iOS 11ではBluetoothの接続時に、ペアリングができない状態になります。
2017年10月26日以降に出荷している製品では問題を解決した製品になっています。10月26日以前にご購入いただいた方で、iOS 11をお使いになる場合には、ファームウェアの更新が必要となります。詳しくはこちらをご覧ください。

◎ 指伝話ボード、指伝話ボードプラス、指伝話50について

これらのアプリは、現在は新規購入はできません。既にご購入いただいた方はダウンロード可能です。今後のバージョンアップの予定はありません。ご了承ください。
詳細は、販売終了品をご確認ください。