手の震えがある方から、iPadのタップ操作が難しいことについての相談をいただくことがあります。

 パソコンではキーボードにカバーをつけキーを打ちやすくして使われる方もいます。iPadにも外部USBキーボードをつけることは可能ですので、文字入力の際にはそういったキーボードを使うことも可能です。ただし、文字入力以外の場面では画面のタップ操作が必要となるので、悩ましいところです。

カバーをつけて使う

 画面カバーをつけて直接タップできないようにし、代わりにボタンをつけて4箇所(または2箇所)だけタップして操作するようにしました。指伝話メモリを使って4箇所(2箇所)操作で使えるコンテンツを作れば、こんなことができます。物理的なボタンは押した感があるのがとてもよいです。

タッチ調整