iPadを固定するための、据置タイプのアーム「アシスタンド3」の写真です。
一緒に写っている物差しは50cmです。床の板目は、幅が10cmです。
 
 
こちらから写真のファイルを一括ダウンロードできます。(約14MB)


 
 


箱に入った状態
部品に分かれて箱に入っています。接続部分にネジをつけて送りますので、ネジを一度外して部品を接続後にネジを締めてください。

 


 


スタンドの足の部分
足の部分だけ組み立てた写真です。

 


 


スタンドのアームだけ
支柱まで組み立てた写真です。

 


 


iPad Pro 12.9インチを装着した状態(正面)
支柱に丸棒のアームを取り付け、そこにiPadを挟む部品を取り付けます。

 


 


iPad Pro 12.9インチを装着した状態(横)
iPadを挟む部品は、角度を調整できます。

 


 


iPad Pro 12.9インチを装着した状態(横・角度変更)
iPadを挟む部品を取り付けている部分は、丸棒への取り付け位置を左右に移動して固定できます。ベッド幅が広い場合は、丸棒は長いものもあります。通常は棒の長さは75cm。100cmのものもあります。

 


 


スイッチ接続キット(有線)接続
有線接続の場合、iPad本体につけるアダプタからスイッチへとつながっていきます。
iPadをアームで空中に浮かすと、アダプタ以下がぶらんとぶら下がることになります。
iPad ProはUSB-Cの口なので、市販のアダプタに変えている人もいます。

 


 


スイッチ接続キット(無線)接続
スイッチの無線接続の場合は、iPad側は電源へのケーブルだけになります。ス
イッチ側は、無線装置の電源(携帯用バッテリー使用可)、スイッチの電源(電池可)が必要です。
接続が多いので、アームにスイッチ一式をひっかけている人、小さな箱に入れてそばに置いている人など、いろいろです。

 


 


iPadのケーススタンド
このケースは、iPadをくるっと包むようになっているので、iPadがひとまわり大きくなる感じがしますが、
その分、スタンドに挟む時も、机に置く時も、裸でiPadを扱うより扱いやすいです。