アクセシビリティを覚える

iOSには、さまざまなアクセシビリティ機能と設定があります。そもそもiPadは、すべての人に楽しく使ってもらえるようにデザインされたものですので、特にアクセシビリティ機能を使ったものだけをアクセシビリティを考慮したものということではありません。標準の機能自体がアクセシビリティを意識してデザインされたものとなっています。
指伝話アプリを使用する方には、手の震えがある、目が見えづらいといった方もいらっしゃいます。標準に用意されている機能を使ってどんなことが可能になるか、また、指伝話アプリと連携してより使い易いアプリにするにはどのような設定をすればよいか、その発見のために「指伝話を使いながら覚える iOSアクセシビリティ 1-2-3!」シリーズを是非ご活用ください。ウェブでもPDFでもご覧いただくことができます。

 


タッチ調整編

タッチ調整の設定について説明しています。
(2019年4月版)


PDF版はこちら
 はじめに
保持継続時間
繰り返しを無視
タップ補助
指伝話メモリとタッチ調整

 


手書き入力編

手書き入力に関するアイデアを説明しています。
(2019年4月版)


PDF版はこちら
 はじめに
手書きした文字を読み上げたい
手書きでメールを送りたい