指伝話メモリで作成したカードを、スイッチコントロールの手動ハイライトで操作している様子です。
短押しで次の項目に移動、長押しで項目を選択です。画面は指伝話メモリで作ったカードです。