指伝話とは

指伝話は、特定の目的や、障害や病気の方のためだけに限定して開発した製品ではありません。 失語症の方の会話補助や言語訓練、ALSや多系統萎縮症の方の日常会話、構音障害のある方の会話補助、学校の教材作り、外国語の勉強、高齢者との写真や絵を使った会話、多言語メニューの紹介、製品スライドショーでの広告 など、幅広い場面でお使いいただいています。画面をタップしづらい方がスイッチで操作することも可能です。 使い方はあなた次第!「余白」のあるアプリ、それが指伝話です。

コミュニケーションは、すべての人にとって大切です。指伝話がそのお手伝いとなり、笑顔のきっかけとなることを願っています。

最新情報

【リリース】1月24日 指伝話ぽっぽ 2.3をリリース
公開を再開しました。iOS 12, iPhone Xの画面サイズに対応しました。無料バージョンアップです。
【リリース】10月17日 指伝話メモリ 1.2をリリース
iOSのショートカットやURLスキームを
使えるようになります。無料バージョンアップです。
【情報】9月23日 iOS スイッチコントロール 1-2-3!
iPadのスイッチ操作のページを更新しました。
【情報】9月18日 新しいスイッチコントロールの機能
iOS 12の新しいスイッチコントロール関連の情報を
まとめました。
【リリース】9月13日 指伝話RT 1.2をリリース
指伝話メモリで作った絵カードサンプルを
無料で試せるアプリです。

展示・勉強会・相談会

詳細はこちら…
【展示】2019年3月24日 神奈川県小田原市
リハビリフェスタ2019
【勉強会】2019年3月26日 神奈川県藤沢市
湘南コミュニケーション勉強会
【講座】2019年3月30日 東京都港区
iPad コミュニケーション講座 スイッチコントロールと指伝話
【展示】2019年4月18〜20日 大阪府大阪市
バリアフリー2019