取り急ぎ試したい

 スイッチやスイッチ接続アダプタは手元にないけど、取り急ぎスイッチコントロールを試したい場合の方法について説明します。
 画面全体をスイッチにして使う方法ですが、手順通り進めれば難しいことはありません。ただし途中で間違うと面倒な操作が必要になりますので、注意して行ってください。
 
「画面全体をスイッチにする」とは?
 スイッチコントロールで使用するスイッチは、アダプタを介して接続する「外部スイッチ」の他に、iPad/iPhoneの画面全体をスイッチとして扱う方法や、内蔵カメラで頭を左右に振る動きをスイッチとして認識する方法があります。
 一度画面全体をスイッチにしてしまうと、画面上のアイコンをタップしようとしても、それはすべてスイッチの操作となります。スイッチの動作(アクション)割り当てが適切にできていないとまったく操作ができなくなりますので、必ず手順に従って設定をしてください。
 画面全体をスイッチにするのが有効なのは、特に外部モニターをつけた場合です。外部モニターに映した画面を見ながら、手元に置いたiPhoneの画面をタッチして使います。この時iPhoneの画面は高精度なタッチセンサースイッチとして使うことができます。1スイッチしかありませんが、短押しと長押しを分けて使うことができますから、2つの動作(アクション)で操作することも可能です。

準備

取り急ぎ試すには、スイッチコントロールの項目モードを使用します。
過去にスイッチコントロールの設定をポイントモードにしていると、次に説明する設定が適用できませんので、必ず項目モードに戻してから設定し直してください。

 
注意
 設定 > 一般 > アクセシビリティ > スイッチコントロール の一番上にあるボタンはまだオンにしないでください。
 
Assistivetouch
 スイッチコントロールは、Assistivetouchと一緒に使えませんので、お使いの方はオフにしてください。
設定 > 一般 > アクセシビリティ > Assistivetouch でオフにします。
 
キーボード
 設定 > 一般 > アクセシビリティ > キーボード にある ハードウェアキーボードの設定のキーのリピート、複合キー、スローキーはオフにします。
これらは、外部接続したキーボードの操作に対する設定ですが、外部スイッチとして接続するスイッチ類は内部的にはキーボードと同じ扱いになっていますので、動作制限の影響を受けないように一旦切っておきます。
 
スイッチ安定化の設定
  設定 > 一般 > アクセシビリティ にある 補助継続時間繰り返しを無視 は最初はオフにしておきます。
 
ショートカットの設定
 まず、スイッチコントロールの切り替えをホームボタンのトリプルクリックで行えるように設定します。これにより、画面をタップがスイッチ入力になっている場合でも、スイッチコントロールをオフにできる道を作っておきます。
1)設定 > 一般 > アクセシビリティ > ショートカットを開きます。
2)スイッチコントロール にチェックを入れます。
 他の項目にチェックが付いていると、ホームボタンをトリプルクリックした時に、項目を選ぶダイアログが表示されます。スイッチコントロールがオンの時は、その選択もスイッチ操作で行うことになります。スイッチコントロールにだけチェックがついている時は、ホームボタンのトリプルクリックだけでスイッチコントロールのオンオフ切り替えができるので便利です。
 
項目をグループ化
 これにチェックしておくと、項目モードのカーソルの動きがグループ単位となります。画面にたくさん項目がある場合は移動時間が短縮できるので便利です。逆に絵カードを表示している画面のように項目数が少ないならスイッチの操作数が多くなることもあります。この設定はハイライトメニューで切り替えることができます。
 
大きいカーソルを使用
 最初はこれにチェックしておくといいと思います。項目モードのカーソルの枠が太くなり、見やすくなります。
 
カーソルの色
 項目モードのカーソルの色、ポイントモードのグライドカーソルの色を5色から選択することができます。
 自分の好きな色を選択できるというのが重要です。誰かの設定を一緒にする時に「何色がいいですか?」と本人に問いかけ選んでもらうのも大切なコミュニケーションです。

アプリのインストール

【解説】
ここでは「YMプレーヤー」を使って説明します。無料版の「YMビューアー」でも同じ操作ができます。ただし、YMビューアーは日本語の音声を発話しない制限がありますので、説明中で発話する旨が書かれていても声は聞こえませんのでご了承ください。

アプリのダウンロード

1) 以下のリンクをタップし、アプリをインストールします。
 YMプレーヤーはこちら ・ YMビューアーはこちら

2) アプリを起動します。「サンプルセットを作成しますか?」と聞いてくるので「追加する」を選択します。

例題のダウンロード

1) アプリの設定画面を開き、「ホームページから追加」をタップします。
※ネットワークに接続している必要があります。

2) サンプル一覧から「意思伝達」のセットをダウンロードします。
※セットのダウンロードの仕方は、ページ上部に説明へのリンクがありますのでご参照ください。

アプリの設定

アプリの設定画面を開き、以下の設定をします。
・「タイトルバーを隠す」:常に非表示
・ 「ページ送りボタンを表示」:オフ
・ 「表示を繰り返す」:オン
・ 「ページ再表示でカードを戻す」:オン
・ 「起動時の動作」:🍀意思伝達 を選択

【解説】
指伝話メモリで非表示になっているタイトルバーを表示するには、指2本で絵カードをタップするか、指1本で絵カードを下になぞるかします。
詳しくは、はじめての指伝話メモリをご参照ください。
次回のアプリ起動時から、「🍀意思伝達」が自動的に開くようになります。いま設定した段階では既にアプリは起動していますので、ホームからアプリが起動されても自動的に「🍀意思伝達」セットは開きません。このまま試すために、セットの一覧で「🍀意思伝達」をタップして起動しておきます。

手動ハイライトでの操作

 

スイッチコントロールの設定

設定 > 一般 > アクセシビリティ > スイッチコントロール で、次のように設定をします。
「ハイライトのスタイル」:手動
「自動的に非表示」:15秒
「移動の繰り返し」:オフ
「長押し」:オン、0.75秒、「ハイライトを一時停止」をオン(iOS 11)
「タップの動作」:常にタップ
「タップしたあとにフォーカスされる項目」:現在の項目

スイッチの設定

設定 > 一般 > アクセシビリティ > スイッチコントロール > スイッチ で、次のように設定をします。
1) 「新しいスイッチを追加 > 画面 > フルスクリーン」を選択する
2) スイッチアクションを「次の項目に移動」にする
3) 「長押し」のアクションを「項目を選択」にする

実行

1) ホームボタンを押し、ホームへ移動
2) スイッチを押すと、スイッチコントロールの表示が再開
3) スイッチを押してカーソル移動させ、YMプレーヤーがある行でスイッチを長押し
4) その行の中でスイッチを押してカーソル移動させ、YMプレーヤーでスイッチを長押し
すると、YMプレーヤーが起動します。

アプリの利用

1) スイッチを押すと、絵カードが順番に選択される
2) タップしたいところでスイッチを長押しする
すると、選択された絵カードが読み上げられます。
画面下の左右の矢印ボタンで、カードのページ送りができます。
3) ハイライトメニューを表示させるには、画面右下に表示されているハイライトメニューのアイコンが選択されている時にスイッチを長押しします。

自動ハイライトでの操作

スイッチコントロールの設定

設定 > 一般 > アクセシビリティ > スイッチコントロール で、次のように設定をします。
「ハイライトのスタイル」:自動
「自動ハイライトの時間」:1.25秒
「最初の項目で一時停止」:オン、0.5秒
「繰り返し」:2回
「移動の繰り返し」:オフ
「長押し」:オフ
「タップの動作」:デフォルト
「タップしたあとにフォーカスされる項目」:現在の項目

スイッチの設定

設定 > 一般 > アクセシビリティ > スイッチコントロール > スイッチ で、次のように設定をします。
1) 「新しいスイッチを追加 > 画面 > フルスクリーン」を選択する(すでにフルスクリーンで登録がある場合は、スイッチアクションの変更のみでOK)
2) スイッチアクションを「項目を選択」にする

実行

1) ホームボタンを押し、ホームへ移動
2) ホームボタンをトリプルクリックし、スイッチコントロールを開始
3) カーソルが自動で動くので、指伝話メモリまたはYMプレーヤーがある行でスイッチを押す
4) その行の中でカーソルが動くので、YMプレーヤーでスイッチを押す
すると、YMプレーヤーが起動します。

アプリの利用

1) 絵カードが順番に選択される
2) タップしたいところでスイッチを押す
3) ハイライトメニューが表示されるので、「タップ」を含む行が選択されている時にスイッチを押す
4) その行の中でカーソルが動くので、「タップ」が選択されている時にスイッチを押す
すると、選択された絵カードが読み上げられます。
画面下の左右の矢印ボタンで、カードのページ送りができます。