はじめに

 iPadやiPhone、iPod touchを画面のタップやスワイプなどではなく、スイッチを使って操作することができます。
 iPad, iPhone, iPod touchには標準で「アクセシビリティ」という機能があります。これは、視覚サポート、聴覚サポート、操作のサポートなど、使い勝手を良くするための機能です。この中の「スイッチコントロール」機能を使えば、スイッチを使って操作をすることができるようになります。
病気や障害によりタップ操作がしにくいのでからだの他の部分を使う、料理中で両手がふさがっている時にフットスイッチでレシピのページをめくる、離れた場所のiPadを操作するなど、さまざまな場面で活用できます。画面は指でタップして使うという固定概念から離れて、スイッチ操作の使い道もお楽しみください。
 ちなみに、手が震えて画面をポンって上手にタップできない方は、スタイラスペンを使うのも一つの方法ですし、「タッチ調整」という機能も便利です。また、ホームボタンを押すのが難しい方は「AssistiveTouch」を使えばホームボタンを押す操作を画面上のタップ操作で行うことができます。このように、ちょっとした工夫で誰にでもiPadを楽しんで使っていただけるようになります。

 

スイッチについて

 スイッチには、手、足、口、目など、身体のどの部分を使うかによってさまざまな種類のスイッチがあります。また、押す、触れる、引っ張る、息をかける、動かすなど、操作の仕方もさまざまなものが あります。
 3.5mmミニピンジャックで接続できるスイッチが標準となっています。その場合、スイッチとiPadを接続するためのアダプタが別途必要となります。また、BluetoothでiPadと接続するものもあります。Bluetoothのキーボードもスイッチとして使うことができます。スイッチの種類や接続アダプタについては、別途ご説明します。
 スイッチを接続した後の動作の設定を行うために、特別なアプリやドライバをiPadにインストールする必要はありません。すべて標準機能として準備されています。基本的にはすべてのアプリをスイッチで使えるようになっています。

 

スイッチによる操作の基本

スイッチを使って操作するには、2つのモードがあります。
 1)ポイントモード:縦と横の位置を指定して、操作する。
 2)項目モード :表示されている項目を指定して、操作する。

 「操作」は「アクション」と呼び、タップ、ドラッグ、スワイプなど、さまざまなアクションがあります。基本的にはタップができれば、たいていのiPadの機能を使うことができます。アプリが標準的に作られていれば、このどちらかの方法で操作することができます。

ポイントモード ポイントモードでは、スイッチを使って青い帯(グライドカーソル)の場所を指定します。最初に大体の場所を指定し、その幅の中でまた場所を指定します。横と縦と繰り返すと、1箇所が指定できます。 その時に黒い枠で「ハイライトメニュー」が表示されます。そのメニューの中にアクションが書かれています。それをスイッチを使って選択します。

項目モード 項目モードでは、スイッチを使って青い枠(カーソル)の位置を移動させ、選択したいところをスイッチで指定します。表示されるハイライトメニューから、アクションを選択します。