専門家に相談

 スイッチを身体のどの部分で使うのが良いかという点は、身体機能の評価を専門家にしていただくのが良いです。いま動いているところがあるからそこを使おうということを考えますが、他の部分を使うことが回復訓練になる場合もありますし、使える場所を酷使して疲れさせてしまってはいけません。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などリハビリテーション専門家に相談してください。
 また、スイッチにはさまざまな種類がありますが、置き方一つで使い勝手が大きく変わります。押しボタン式のスイッチを横向きにして使ったり、手に固定して持ってみたりしたら使いやすくなったという例もあります。朝と晩では体調が異なるので使い易いスイッチや身体の場所が変わることもあります。

 

諦めない・決めつけない

 スイッチを押すなんて無理だ、できっこない、と諦めたり決めつけたりしないでください。交通事故による頚椎損傷で身体が動かせず声もだせず、目だけが動かせる方がいました。目の動きも制限があって視線入力装置を使うこともできませんでしたが、黒目の動きを検知するスイッチを使うことができ、iTunesで好きな音楽をかけたり指伝話メモリでOTさんと会話をした方がいます。生まれた時からの病気で、右手の人差指が2mm程度だけ動くお子さんがいました。2mmの動きはスイッチ信号を受け取るには十分です。その動きでiPadが使えるとわかってきたら、親指も動き、左手の指も動きました。からだが動かないと思い込んで決めつけていたのは周りです。人間の可能性はまだまだ私たちの想像以上に大きくあります。

 

失敗してもため息をつかない

 新しいことを始めた時のことを思い出してください。誰だって最初からうまくできるものではありません。慣れるまでは間違えたり失敗したりします。そんな時に「あぁ、だめだ」「そうじゃないのに」って横で言われると心が折れます。
 これからスイッチを使って、広がる世界に飛び出そうとわくわくしている時ですから、「お、いい感じですね」「上手になってきた」「いいねぇ」ってさりげなく応援してください。操作に一度慣れてしまえば、使う力が自然にどんどん伸びていきます。

 

目的を見失わない

 スイッチを使えばすべてが解決するという魔法の杖ではありません。スイッチはあくまでも道具です。
 「お父さんにiPadを使わせたい」「この子にスイッチを使わせたい」ということをよく聞きます。でも、本当の目的はスイッチを操作することではありません。スイッチを操作して何をしたいのか?それを見失わないようにしてください。
 何をしたいの?と本人に聞いてみると、「夫がうたた寝してしまった時にエアコンをつけて寒くないようにしてあげたい」「仲間と連絡をとって頑張っている姿を見せたい」という答えが返ってきます。そして「ありがとう」って言いたいという答えがとても多いです。

 

コミュニケーション機器はきっかけです

 会話をiPadにすべて置き換えてしまうわけではありません。どんなに機械が便利になっても、コミュニケーションは心のことばのキャッチボール。人と人との関わりが消えることはありません。機械に頼りすぎず、便利に使って、コミュニケーションの機会を増やしてください。

 

考えることはたくさん

 スイッチを使って思いを伝えるために、準備すべきことはたくさんあります。技術的なことはできるだけシンプルにして、スイッチの選択とコンテンツの準備に力をかけるのが良いと思います。