はじめに

 iPadやiPhone、iPod touchを画面のタップやスワイプなどではなく、スイッチを使って操作することができます。
 iPad, iPhone, iPod touchには標準で「アクセシビリティ」という機能があります。これは、視覚サポート、聴覚サポート、操作のサポートなど、使い勝手を良くするための機能です。この中の「スイッチコントロール」機能を使えば、スイッチを使って操作をすることができるようになります。
病気や障害によりタップ操作がしにくいのでからだの他の部分を使う、料理中で両手がふさがっている時にフットスイッチでレシピのページをめくる、離れた場所のiPadを操作するなど、さまざまな場面で活用できます。画面は指でタップして使うという固定概念から離れて、スイッチ操作の使い道もお楽しみください。
 ちなみに、手が震えて画面をポンって上手にタップできない方は、スタイラスペンを使うのも一つの方法ですし、「タッチ調整」という機能も便利です。また、ホームボタンを押すのが難しい方は「AssistiveTouch」を使えばホームボタンを押す操作を画面上のタップ操作で行うことができます。このように、ちょっとした工夫で誰にでもiPadを楽しんで使っていただけるようになります。

スイッチによるiPadの操作の基本

iPadをスイッチを使って操作するには、iOS標準の「スイッチコントロール」機能を使います。(スイッチコントロールを使わない操作方法もあります。別記します。)

2つのモード
スイッチコントロールには、2つの操作方法があります。
「ポイントスキャン」は画面上の座標位置を指定して、そこに対する操作(タップするなど)を指定する方法です。「項目スキャン」は画面上の項目を指定して、そこに対する操作を指定する方式です。

ポイントスキャン

項目スキャン



基本2アクション
スイッチコントロールでは、どちらのスキャン方式であっても、移動(項目の選択位置を指定する)と、決定(項目の選択操作)の2つの操作を使います。この「移動」と「決定」を「スイッチコントロールの基本2アクション」と呼びます。

2スイッチでの操作
項目スキャンを使う場合は、スイッチを2つ使える場合は、基本2アクションにそれぞれ割り当てて操作します。

スイッチでの操作とスキャン方式
スイッチは1つだけしか使わない場合は、ポイントスキャンを使用するか、項目スキャンを使う場合は、長押しができれば、基本2アクションをスイッチの短押しと長押しに割り当てて操作します。もしくは、移動アクションをiOSに任せる「自動スキャン」を使うか、決定アクションをiOSに任せる「単一スイッチステップハイライト」の設定を使用します。
どちらのアクションもスイッチ操作で自分の意思で行うのが、「手動スキャン」です。

自動スキャンの問題
ポイントスキャンや、項目モードの自動スキャンで使用する場合、動いているものをタイミングよく止める操作をすることになります。身体の動きが自由ではない場合は、この操作はかなりのストレスになります。操作は慣れればできるようになりますが、慣れるまでに疲れてしまったり、諦めたりすることがないよう、導入には配慮する必要があります。

長押しができるなら
1スイッチだけを使うとしても、長押しができるなら、スイッチの短押しと長押しの2つに別な操作(アクション)を割り当てることで、自動スキャンを使わずに手動スキャンで操作ができます。