指伝話・指伝話プラス・指伝話メモリ

読み飛ばしの指定

文章中の [ ] でくくられた文字は読み飛ばします。
漢字の読みを変えたい場合にもご利用いただけます。例えば、山内さんを「やまうちさん」ではなく「やまのうちさん」と読ませたい場合は、カタカナを使えばよいですが、漢字も残しておきたい場合には次のように書きます。

例:
こんにちは。 [山内]ヤマノウチさん

※以下に示す特別なタグの指定の場合はそれが優先されます。

指伝話・指伝話プラス・指伝話メモリ

ブレイク(息継ぎ)

[ ] の中に、b: に続けて数字(小数可)を書くとその秒数分の間をとります。

[b:0.5]とすると、0.5秒の間をとります。

例:
本当だろうか[b:1] きっと間違いに違いない。

指伝話・指伝話プラス・指伝話メモリ

音量の指定

[ ] の中に、v: に続けて0〜500の数字を書きます。

[v:0]とすると、声をださなくなります。

例:
[v:0] 聞こえません。 [v:50] 小さい声です。 [v:100] 普通の声です。

指伝話・指伝話プラス・指伝話メモリ

スピードの指定

[ ] の中に、s: に続けて50〜400の数字を書きます。

例:
[s:50] ゆっくり話すことも [s:150] はやく話すことも [v:100] できます。

指伝話・指伝話プラス・指伝話メモリ

音程の指定

[ ] の中に、p: に続けて50〜200の数字を書きます。

例:
[p:50] 声を低くしたり [s:150] 高くすることも [p:100] できます。

指伝話・指伝話プラス・指伝話メモリ

話者の指定

[ ] の中に、話す人の名前を書きます。

例:
[ sayaka]こんにちは。私はさやかです。
[ ryo]りょうです。よろしくお願いします。
[ julie]I’m Julie. Nice to meet you.

指伝話プラス・指伝話メモリでは、Sayaka, Haruka, Sho, Ryo, Julie, Paul, System が使用可能です。
指伝話では、Julie, Paulは使用できません。

  sayaka 落ち着いた女性、日本語
  haruka 子どもっぽい女性、日本語
  ryo  若い男性、日本語
  sho  落ち着いた男性、日本語
  julie 女性、英語
  paul  男性、英語

指伝話プラス・指伝話メモリ

外国語の指定

読み上げることばの前に、該当言語のタグを入れ、続けてことばを入力してください。

例:
[system:fr-FR]Il fait beau aujourd’hui.

[System:ar-SA] アラビア語 (サウジアラビア)
[System:en-ZA] 英語 (南アフリカ)
[System:th-TH] タイ語 (タイ)
[System:nl-BE] オランダ語 (ベルギー)
[System:en-AU] 英語 (オーストラリア)
[System:de-DE] ドイツ語 (ドイツ)
[System:en-US] 英語 (アメリカ)
[System:pt-BR] ポルトガル語 (ブラジル)
[System:pl-PL] ポーランド語 (ポーランド)
[System:en-IE] 英語 (アイルランド)
[System:el-GR] ギリシャ語 (ギリシャ)
[System:id-ID] インドネシア語 (インドネシア)
[System:sv-SE] スウェーデン語 (スウェーデン)
[System:tr-TR] トルコ語 (トルコ)
[System:pt-PT] ポルトガル語 (ポルトガル)
[System:ja-JP] 日本語 (日本)
[System:ko-KR] 韓国語 (韓国)
[System:hu-HU] ハンガリー語 (ハンガリー)
[System:cs-CZ] チェコ語 (チェコ)
[System:da-DK] デンマーク語 (デンマーク)
[System:es-MX] スペイン語 (メキシコ)
[System:fr-CA] フランス語 (カナダ)
[System:nl-NL] オランダ語 (オランダ)
[System:fi-FI] フィンランド語 (フィンランド)
[System:es-ES] スペイン語 (スペイン)
[ystem:it-IT] イタリア語 (イタリア)
[System:ro-RO] ルーマニア語 (ルーマニア)
[System:no-NO] ノルウェー語 (ノルウェー)
[System:zh-HK] 中国語 (香港)
[System:zh-TW] 中国語 (台湾)
[System:sk-SK] スロヴァキア語 (スロヴァキア)
[System:zh-CN] 中国語 (中国)
[System:ru-RU] ロシア語 (ロシア)
[System:en-GB] 英語 (イギリス)
[System:fr-FR] フランス語 (フランス)
[System:hi-IN] ヒンディー語 (インド)

指伝話ぽっぽ

日付と時間

[ ] の中に、p: に続けて50〜200の数字を書きます。

例:
[p:50] 声を低くしたり [s:150] 高くすることも [p:100] できます。