文字盤タイプの指伝話

介助する方がお話しする方の目などの合図を見て文字盤を操作して、ことばを伝えます。

スイッチを使ってお話しする方が自分で操作することもできます。

※このアプリは「指伝話50」とは別製品です。



指伝話文字盤 iPhone/iPad版 3,600円
最新バージョン 1.1.1
iOS 10〜11

使い方簡単!

話す人の合図に合わせて、矢印ボタンで文字を選択して★ボタンで決定して使います。

メモが要らない

選ばれたことばは、文字盤に残るので、読み取ったことばをメモしておく必要がありません。

合図に集中できる

基本操作は指2本だけでできますし、読み上げ音声もありますから、操作者は画面を見る必要もなく、お話しをする方の合図を確認することに集中できます。読み取りの速度も速くなります。

あ行や操作ボタンを右側に

やっぱり五十音表は、あ行が右側になくちゃ!という場合も、利き手に合わせて操作ボタンは右側がいいな!という場合も大丈夫。環境設定でそれぞれの位置を左右のどちらにもすることができます。

行から?段から?

「あ、か、さ、た、な…」と行を最初に選ぶか、「あ、い、う、え、お」と段を先に選ぶかは、好みに合わせて環境設定で指定してください。

読み上げ音声付き

行や段の移動をする時、選んだ文字を確定する時に、音声で読み上げることができます。画面を見ないで操作する時に便利です。口文字の練習としてもお使いいただける機能です。また、作成した文章は、流暢な日本語で読み上げます。




対話モードでの使い方
介助する方は、iPadを持って指で操作します。お話しする方の合図をみながら操作します。
お話しする方は、文字盤を見て、選択をまばたきや目の動きなどで介助する方に合図をします。

アプリの特長

・簡単な操作で使える文字盤です。気軽にコミュニケーションを取りやすくなります。
・対話式で使う、指差しで使う、口文字を併用して使う、どちらにも適しています。
・介助者なしでスイッチを使って操作することもできます。スイッチで操作する際に便利な半自動スキャン、自動スキャン機能が使えるようになりました。(2017年12月23日より)

背景

 必要なことだけでなく、おしゃべりも楽しんでいただくために、お話しをする方も介助の方も負担が少なくてすむアプリとなるように心がけて開発をしました。

 一般的に、お話しをする方が機器の操作をすることが難しい場合、透明文字盤や紙の文字盤を使うことが多いです。透明文字盤もコツを掴めば難しくはないのですが、発言者と介助者の阿吽の呼吸が必要ですし、視線による指示の読み取りは素人には最初は難しいと感じてしまい使用を断念するケースも多いようです。また、介助者が文字盤を持ちながら話し手の合図に集中をしつつ、それまでに話したことばといま話していることばとを記憶しながら使うのは、かなり集中力と体力が必要かもしれません。
 透明文字盤や口文字に慣れるまでに断念してしまう人を減らして、コミュニケーションの機会を多くしたいと思い開発したアプリです。

アップデート情報

バージョン 1.1.1
・読み上げたことばがクリップボードにコピーされない問題を解決しました。
・スイッチコントロールを使用している際に、環境設定で半自動モードを選択した後に戻った画面でボタンの位置が崩れる問題を解決しました。
・ブザー音のボタンにショートカットキー(数字の5)を割り当てました。

バージョン 1.1
・声の種類を追加しました(Ryo:男性の声)。
・半自動スキャン、自動スキャンに対応しました。
・ブザー音を追加しました。

よくある質問と答え