🏡メモリーノート

昔の写真を取り込み、思い出を音声で伝える絵カードセットを作成する例です。

このセットを作るまでの過程がコミュニケーションでもあります。

ご家族に「昔の写真を持ってきて。いいもの作るから。」と声をかけて一緒に楽しもうと呼びかけることが第一のコミュニケーション。写真を見ながら本人に思い出を語ってもらうことが第二のコミュニケーション。出来上がった絵カードセットを本人が使ってみることが第三のコミュニケーション。会いにきてくれた方や普段お世話になっている関係者の方に見ていただくのが第四のコミュニケーション。
コミュニケーションのきっかけとして、指伝話メモリをご活用ください。

例えば、毎日1枚ずつ笑顔の写真を撮影して、その笑顔の理由とともに絵カードに登録していきます。「今日はよく眠れたからいい笑顔」「今日はご飯が美味しかったからいい笑顔」「今日は孫がきてくれたからいい笑顔」というように、楽しい思い出とともに記録に残します。1週間続けるだけで笑顔の紙芝居が出来上がります。それを一緒に見ながらまた笑顔になってください。

画像クリックでダウンロードできます
🏡メモリーノート