離れた相手に電話で指伝話の声を伝えるためのアダプタです

指伝話プラスをiPhoneで動かして、電話の相手に声が伝えられたら良いのに…と思います。iPhoneは電話の声とアプリの音を同時に使うことができません。音楽を聞いている時に電話がかかってくると音楽のボリュームが自動的に小さくなるのと同じです。そこで「指伝話2ME」を使って、指伝話の声を電話の向こう側に届けることになりました。


30,240円(税込)
2018年1月現在 生産終了 在庫がなくなり次第 販売終了
ご購入はこちらから >>

騒がしい場所で電話する

指伝話2MEを使って指伝話で電話をすれば、こちらの周りの騒がしい音は相手には聞こえません。電話口で声を張り上げて絶叫する必要はありません。相手の声はイヤフォンから聞こえます。電話口の相手も静かに聞けて静かに話せます。

静かな場所で電話する

指伝話2MEを使って指伝話で電話をすれば、声を出さずに電話ができます。「ごめんねーいま電車の中なの」と受話器を手で覆って小さい声で話しているつもりでも周りに迷惑なくらい丸聞こえ、なんて失敗もありません。相手の声はイヤフォンから聞こえます。いま電話で返事をしなくてはいけない、いま伝えないといけない、そんな時にお使いください。

一般電話と会話する

相手がスマートフォンや携帯電話ならSMSやメールでやり取りすることができます。でも公衆電話や家庭電話だとそれは無理です。指伝話2MEを使うなら、相手側は何も特別な用意をせずに普通に電話を使うだけでOKです。

本体

約 80 × 40 × 15 mm
約 40 g
※ ケースを含む
電話機に差し込むための14cm(プラグ部分除く)のケーブルが本体からでています。
※ 指伝話または指伝話プラスと一緒にご使用いただくと便利です。電話機は製品に含まれていません。

接続方法

はじめての指伝話2MEをご覧ください。