話ぽっち

iPhone, iPadを、お手持ちのスイッチを使って操作するためのアダプタです。
最大6つのスイッチを接続できます。

指伝話ぽっちを接続しiOSのスイッチコントロールを使うと、指伝話シリーズのアプリはもちろん、iPhone, iPadの他のアプリも使うことができます。
ジャック1~4はキーボードの1〜4、5,6は左右の矢印(←,→)に割り当てられていますので、キーボード操作に対応しているアプリはスイッチコントロールを使わなくても操作できます。


既存のスイッチが使える!

標準の3.5mmミニプラグのスイッチ類と接続可能です。ボタン式のスイッチやタッチセンサースイッチ、ピエゾスイッチ、フットスイッチ、ブレスマイクスイッチなど、お持ちのスイッチを使えます。

コンセント
or携帯用バッテリー

iPhone・iPadとBluetoothでワイヤレス接続。電源は、USB接続の携帯用バッテリーまたはACアダプタでコンセントへ接続してください。Bluetooth4.0以降に対応しているので、iPad2(2011年発売)も使えます。

最大6個
スイッチがつなげる!

指伝話ぽっちには6個のジャックが付いているので、それぞれにアクションを割り当てられます。対応アプリならスイッチコントロールなしで操作することもできます。


対象システムと対応デバイス: 下記の対象システムでBluetooth2.0以降を搭載したもの。
対象システム: iOS 9 以降(iPad2以降)/ Mac OS X 10.10以降 / Windows 7 以降。
無線方式: Bluetooth2.0以降
対応スイッチ: 標準3.5mmミニプラグの各種スイッチ類。
スイッチ接続口: 6箇所
スイッチ反応時間: 即時入力で反応
サイズ: 150x35x100mm
重さ: 202グラム
電源/電源対応規格: USB2.0(タイプ B コネクタ)
動作電圧: DCジャック:5.1V~12V / USB:5V±5%
使用環境: 温度/10〜40℃ 湿度/10〜60%(結露を避けること)
保証期間: お買い上げより1年間
梱包内容: 指伝話ぽっち本体1台 ・ USB2.0 AtoBケーブル1本 ・ 操作説明書(電源用ACアダプタは別売)
32,400円(税込)
ご購入はオンラインショップから

 

モニタキャンペーン価格
21,600円(税込)

*モニターキャンペーン価格でのご購入をご希望の方は、こちらのカタログをダウンロードし、必要事項をご記入の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。

 

日常生活用具としてのご購入

日常生活用具(カテゴリー:情報通信支援用具)として購入前に申請すると、お住まいの市町村の購入補助を受けられる場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。


はじめての指伝話ぽっち
使い方の説明書です。


よくある質問と答え

  • どういう場合にスイッチを使いますか?
    指やスタイラスペンでのタップの代わりにスイッチを使って操作する「スイッチコントロール」の機能がiOSには搭載されています。事故や病気等で身体が動きにくい、タップが難しいなどの場合にもアプリを操作することができます。
  • 使えるスイッチは決まっているのですか?
    標準の3.5mmミニプラグの形状のスイッチに対応しています。
  • 「指伝話ぽっち」と「指伝話スイッチニ」の違いは?
    大きな違いは3点あります。
    1. 指伝話ぽっちはスイッチが6つ接続できるのに対し、指伝話スイッチニは2つ接続できます。
    2. 指伝話ぽっちは、AC電源に接続できるので、据え置き用途にも適しています。(指伝話ぽっちを携帯する場合は、市販のモバイルバッテリーを利用すると便利です。)
    3. 指伝話ぽっちはBluetooth2.0以降に対応しているので、iPad2など少し前のiPadもご利用いただけます。指伝話スイッチニはBluetooth4.0以降に対応していますので、接続の際はご注意ください。
    使用環境に合うものをお選びください。
  • スイッチコントロールを使わなければいけないのですか?
    アプリ操作にキーボードショートカットが割り当てられている場合には、スイッチコントロールを使用せず、直接アプリをボタンで操作することが可能です。アプリにキーボードショートカットが割り当てられているかどうかはアプリによりますが、指伝話ぽっちのジャック1~4にはテンキーの1~4が、ジャック5には左矢キー、ジャック6には右矢印キーが割り当てられています。
    例えば指伝話メモリでは、絵カード4枚/1ページ表示の時に1~4はそれぞれのカードのタップ、5と6は左右のページ送りのタップに割り当てられています。
  • 公的な支援を受けて購入をすることができますか?
    日常生活用具の情報通信支援用具での支給実績があります。支給決定は市町村ごとの判断となります。こちらのページ(http://yubidenwa.jp/nichijo/)をご参照ください。
  • 指伝話ぽっちがペアリングできない、スイッチのアクションをiPad / iPhoneに登録できない
    複数のiPad / iPhoneで1台の指伝話ぽっちを使おうとしていませんか?
    指伝話ぽっちは基本的にiPad(またはiPhone)1台に対して、1台で動作します。今使っているのと別のiPadに指伝話ぽっちをペアリングしたい場合は、一度Bluetoothをオフにしてから、接続したいiPadでBluetoothをオンにし、ペアリングし直してください。

    アクセシビリティ「スローキー」がオンになっていませんか?
    スローキーは、キーを押してから入力が認識されるまでの時間を調整できる、iOS9以上に搭載された機能です。身体の動きや震えによりキー入力が難しい場合に便利な機能ですが、指伝話ぽっち及びスイッチを使ってiPadを操作する場合にはオフにする必要があります。

    ▼手順
    設定 > 一般 > アクセシビリティ > キーボード > スローキー オフ