スイッチコントロールを使って、スイッチで日本語の文字を入力する方法です。
スイッチコントロールは設定次第で使い勝手がぐんと変わりますので、文字入力は特に、まず下記の通りに設定してから始めることをおすすめしています。

日本語の文字入力の方法は、大きく分けて3種類あります。自分に合った方法を見つけてください。

ローマ字入力
アルファベットのキーをスイッチでタップしていく方法です。予測変換を上手く利用すると、使い勝手が良くなります。ローマ字が理解できる場合は、現段階ではこの入力方法が最も有力です。iPhone, iPadのどちらでも使用できます。

かな・フリック入力
スイッチコントロールでハイライトメニューを表示し、ジェスチャでフリックを選択する方法です。必要なタップの回数が多いので、他の方法と比べると大変かもしれません。iPhoneでかな入力を使う場合には、フリック式のみで五十音の入力は使えないので、この方法で文字入力をします。

かな・五十音入力(iPadのみ)
五十音表から一文字ずつキーをタップしていく方法です。この場合も、予測変換を上手く利用すると、使い勝手が良くなります。iPadでかな入力をする場合は、この方法をおすすめします。iPhoneは現段階では五十音には対応していません。

http://

ローマ字入力

*動画は準備中です。


かな・フリック入力

動画は画面(フルスクリーン)をスイッチとして、短押しに「次の項目に移動」、長押しに「項目を選択」のアクションを割り振り、手動ハイライトを使用しています。


かな・五十音入力(iPadのみ)

動画は画面(フルスクリーン)をスイッチとして、短押しに「次の項目に移動」、長押しに「項目を選択」のアクションを割り振り、手動ハイライトを使用しています。