Basic64【標準】の説明
画像とボックスのダウンロードURLを変える &パスワード

 

ボックス・Basic64【標準】

Basic64と呼ばれる64枚の名詞の絵カードです。


このカードの中から言語聴覚士さんが自由にカードを選択し、新しいセットを作ることができます。作ったセットを他の言語聴覚士さんと共有したり、患者様に渡したりすることができます。

1枚のカードに対して表示できる項目は、タイトル・サブタイトル・画像・説明文です。絵カードをタップする前と後に表示する絵カード・項目をそれぞれ選択することができます。1画面に表示できるカード数は1, 2, 4, 8, 9, 16枚です。これらの組み合わせで、表示方法は3,000通り以上にもなります。
画像クリックで指伝話メモリのセットをダウンロードできます
ボックス・Basic64【標準】


ダウンロードすると絵カードはボックスに入ります。

 

編集用📦神経衰弱キット

神経衰弱を作るためのキット「📦神経衰弱キット」をダウンロードすると、自分の家族の写真で同じセットが作れます。ダウンロードしたら、次の手順でセットを完成させてください。
1.神経衰弱に使う写真を8枚用意し、iPadのiPhotoライブラリに入れておく。(iPadで写真を撮ると自動的にライブラリに保存されるので便利です。)
2.📦神経衰弱キットのセットを開き、編集モードで8枚のカードそれぞれに「タップ後(オプション)」をタップして家族の写真を読み込む。
3.編集モードのカード一覧から「追加」を押し、いま編集した「📦神経衰弱キット」から8枚の絵カードを選択し保存する。
これで2枚セットの神経衰弱セットの出来上がりです。

画像クリックで指伝話メモリのセットをダウンロードできます
📦神経衰弱キット


8枚の写真から神経衰弱ゲームを作るためのキットです。