話ちょっと

文字タイプの指伝話アプリ「指伝話プラス」の無料体験版です。
あらかじめ登録しておいた文をタップして音声で伝えます。

その場で入力して音声にすることもできます。



どんな時でも冷静に

普段は普通に話せても、緊張すると自分の住所すら満足に言えなくなることがあります。治療中の病気の説明やアレルギーの説明を、いつでも冷静に指伝話がお話しします。

長い文章も可能

1つのことばに登録できる文字数(文章の長さ)は30,000文字です。登録した文章を順に選択することで、会議や研究発表などの長いスピーチも可能です。

ことばを分類して登録

使うシーンに合ったことばをあらかじめ登録しておくと便利です。14のグループに分けて登録できます。よく使う4グループ(iPadでは7つ)を画面下のアイコンとして常時表示できます。1つのグループに登録できることばの数は100です。


言葉を自由に編集

新たなことばの登録はもちろん、初期設定で既に登録されていることばの並べ替えや削除、他のグループへの移動など、ことばやグループを自由に編集できます。言葉グループ名の変更も可能です。
※日本語音声を選択している場合、英文はアルファベット読みになります。英語音声搭載の指伝話プラスでは英文も発声できます。

使い易い表示に

自分の好みに合わせて文字のサイズを大きくして読み易くしたり行のマージンを広げてことばを選択し易くすることが可能です。ボールド表示や行の折り返し表示の設定も行えます。

聞き易い音声

音声は聞き易いことで定評のある Voice Text を使用。文節を考慮した音声生成で、より自然な声でことばを伝えることができます。男女4種類の日本語音声のなかから選択できます。
指伝話プラスでは、さらに男女2種類の英語の音声が選択可能です。画面で日本語を選択して英語を話すこともできるようになります。


有償版との違いは次の点です:
・ことばの保存ができません。(自由に入力して試すことはできます)
・話者は、SAYAKA, SHO, JULIE, Systemです。(話者のSystemは、iOSの音声です。有償版の指伝話は、SAYAKA, HARUKA, SHO, RYOの4人で、指伝話プラスにはそこに加えてJULIE, PAUL, Systemの7人となります。)
・広告が表示されます。
・起動時に制限を案内する画面が表示されます。
・時々読み上げの最後に「指伝話です」と言います。


こんなこともできます
  • 文章中に [ ] を使った記号により、音量、音程、速度の動的な変更や、日本語以外の言語を指定することができます。
    詳しくはこちらのページをご覧ください。

  • 打った文をまとめて読み上げる時は、文字単位の発音ではないので流暢な声で発話します。発話の声は4種類(さやか・はるか・りょう・しょう)、音程や速度も設定可能です。

  • 長い文章を読ませることもできます。

iOS版はiPhone, iPod touch(第3世代以降), iPadシリーズで iOS6以降で動作。

Android版はAndroid OS 5以降

無料


はじめての指伝話

はじめての指伝話 for Android
使い方の説明書です。