2017年12月20日発行

言語聴覚士のためのAAC入門

知念洋美 編著、協同医書出版社(出版社のサイトはこちらから)
ISBN 978-4-7639-3054-5
B5判 256頁、定価 4,320円(税込)

コンピュータやタブレットなど汎用機を使う方法:ハイテクノロジーな手段として、指伝話、指伝話ボードが紹介されています。臨床における実践例ではパーキンソン病の方、ALSの方にお使いいただいた事例が紹介されています。また、高次脳機能障害に関するコラムの中で、指伝話ぽっぽがアラーム機能のあるアプリとして紹介されています。

2016年09月05日発行

リハビリテーションビジュアルブック 第2版

落合慈之(NTT東日本関東病院 名誉院長)監修、稲川利光( NTT東日本関東病院 リハビリテーション科部長)編、
学研メディカル秀潤社(出版社のサイトはこちらから)
ISBN 978-4-7809-1193-0
B5判 576頁、定価 3,400円(税別)

アプリケーションを活用したAACの例として指伝話アプリが紹介されています。ITの活用として指伝話の利用による生活の向上の例が示されています。

2016年8月発行

徹底ガイド!高次脳機能障害

稲川利光( NTT東日本関東病院 リハビリテーション科部長)監修、
学研メディカル秀潤社(出版社のサイトはこちらから)
ISBN ISBN978-4-88378-644-2
AB判 184頁、定価 2,600円(税別)

iPadを利用したコミュニケーション機器として指伝話の使用例が紹介されています。

2016年07月発行

やさしいコミュニケーション障害学―基礎からわかる言語聴覚療法の実際

八王子言語聴覚士ネットワーク 編集、
三輪書店(出版社のサイトはこちらから)
ISBN978-4-89590-557-2
B5判 216頁、定価 2,700円(税込)

アプリケーションを活用したAACの例として指伝話アプリが紹介されています。ITの活用として指伝話の利用による生活の向上の例が示されています。

2016年3月15日発行

失語症の訓練教材 140の教材と活用法 第2版

鈴木 勉、綿森淑子 編集、
三輪書店(出版社のサイトはこちらから)
ISBN 978-4-89590-543-5
B5判 260頁、定価 4,104円(税込)

失語症訓練に利用できるアプリケーションとして指伝話メモリが紹介されています。

2015年2月25日発行

50代から楽しむiPad

馬塲寿実 著、
地球丸(出版社のサイトはこちらから)
ISBN 978-4-86067-458-8
B5判 208頁、定価 1,600円(税別)

iPadに指さしで代わりに話してもらおうの欄で指伝話ちょっとが紹介されています。