yubidenwa android

あらかじめ登録しておいたことばを指でタップして音声で伝える指伝話、Android版です。
ちょっと機能を試してみたい場合は無料の「指伝話ちょっと」をお使いください。


 

インストールしたら

風邪を引いて喉が痛い時、元気がなくて話したくない時、自分で話すことができない時に、指伝話が代わりにおしゃべりをします。
指伝話ちょっと・指伝話をAndroid端末にインストールしたら、まずは日本語のTTSエンジンの設定が必要です。設定方法はこちらをご覧ください。

代わりに読んでもらう

画面のニュースを見ると手が止まってしまうなら、指伝話にニュースを読ませてください。読ませたい文章をコピペしたらあとは指伝話が読んでくれます。
長い小説の文章をコピペして、指伝話に読ませることもできます。
「ごめんね」と自分で素直に言えない時も是非使ってください。:-)

スピーチやMCで使う

何を話したらいいか緊張すると、声がうわずって速くなってしまいます。そして大事な内容を話すのを忘れてしまいがちです。指伝話にスピーチの内容を予め入れて準備しておけば、一字一句間違えずに決まった時間内に内容をもらさずに話すことができます。声の速度、ピッチは設定で変更可能です。

英語で代わりに話させる

Android OSの言語設定を英語に変更して指伝話をインストールすると指伝話のインターフェースも英語に変わり、英語でことばを読み上げることできます。その際も英語のTTSエンジンがインストールされていることを確認してください。英語と日本語は同時に使えませんのでご注意ください。

iOS版との違い
  • 合成音声のエンジンが異なります。Android版では、OSのTTS(Text To Speech)で設定したエンジンをお使いいただくことができます。標準のTTS以外に、N2 TTSなど別途ダウンロードできるTTSもお試しください。iOS版はVoiceTextを使用しています。
  • 指伝話(指伝話ちょっと)をAndroid端末ではじめて使う際、また使うTTSエンジンを変える際には、端末の設定でエンジンの指定をした後、指伝話の画面にて「TTSリセット」を行ってください。リセットしていないとことばをタップしても音声は出ません。
  • Android版の「指伝話」は、TTSを英語に設定すると英語や他の言語も話すことができます。iOSでは日本語以外の言語を使う場合は「指伝話プラス」が必要です。Android版には「指伝話プラス」はありません。
ご注意

指伝話ちょっと(無料のお試し版)には、次のような機能制限があります。いろんなことばを試しに話させてみてください。気に入ったら、是非Google Playで指伝話をご購入ください。

  • 起動時に機能制限について案内する画面が表示されます。
  • ことばの保存ができません。
    (ことばの新規作成ページから入力したことばを試しに聞くことはできます。)
  • 広告が表示されます。
  • 数回に一度、ことばの後に「指伝話を使っています」という音声が入ります。
最新バージョン 1.1.1

Android OS 4.0以上で動作

指伝話ちょっと 無料

指伝話 3,600円


はじめての指伝話 for Android
使い方の説明書です。