指伝話 ゆびでんわ

ことばと気持ちを伝えるコミュニケーションアプリ

コニュニケーションは人と人とを笑顔で結びます。
文字や写真をタップすると、流暢な音声で伝えるアプリです。
画面のタップが難しい方のための、スイッチ使うためのアダプタもあります。

指伝話はこんなところが便利です

かゆいところに手がとどく機能を、簡単にお使いください。

使い方簡単

タップしたことばや絵を流暢な声で伝える、とてもシンプルなアプリです。

section-icon

ネットワーク不要

いざという時にいつでも使えるのが大事です。月々の通信費がかかりません。

section-icon

自分で作る

必要としているものをよくわかっている方が、中身を自分で作ることができます。

section-icon

多言語対応

日本語、英語、中国語、ロシア語、フィンランド語など36の言語に対応しています。

section-icon

配布と共有

指伝話メモリで作ったコンテンツを仲間で共有したり配布することができます。

section-icon

スイッチで操作

iPhoneやiPadをスイッチで操作するためのアダプタも販売しています。

指伝話は「アプリの余白」を大切にしています。

特定の目的専用や特定の人向けのアプリにはせず、アイデアと心を入れることができる「余白」をアプリに残しています。人が介在すること、それがコミュニケーションの始まりです。

テレビ神奈川「神奈川ビジネスUp to Date〜ビジネスのひげ〜」の映像(4分間)をご覧ください。

映像を見る

日常生活用具としての導入をご検討の方に

言語コミュニケーションに支援が必要な方は、日常生活用具(携帯用会話補助装置)として市町村の判断で購入支援を受けられる場合があります。

言語リハビリテーションについては言語聴覚士に、日常生活用具給付申請については弊社までご相談ください。

指伝話ハートウェア

ハード(難しい)なものでも、心(ハート)を添えると身近に使えるものになります。

team-memeber-img

指伝話+スベラナイト

紙のように薄い滑り止めシート

片手でヨーグルトが食べられる、紙が滑らず弱い筆圧でも字が書ける、自由に切ったり縫い付けることができると好評です。

team-memeber-img

指伝話スイッチニ

1つのボタンで2つの動作

iPadやMacをスイッチで使うためのアダプタです。ボタン電池とワイヤレス(Bluetooth)で持ち運びと好評です。

team-memeber-img

指伝話ぽっち

6つまでスイッチをつなげる

BluetoothでiPad、USBでPCに接続し最大6つまでのスイッチを接続することができます。

team-memeber-img

指伝話2ME(トゥーミー)

声を出さずに電話する

iPadとスマホにつなげて、指伝話の声を電話の相手に伝えます。静かな場所、騒がしい場所からもクリアな音声で伝えます。

言語聴覚士・作業療法士・理学療法士のみなさまへ

リハビリテーション現場で活躍される方が、個人で指伝話製品をご購入される場合に、法人向けとは別の割引があります。

また、言語聴覚士専用アプリ(指伝話メモリ for ST)の販売をしています。

Move Delete

最新情報

ゆびでんわタイムス Vol.1

クリックして詳細を表示

展示会の予定

クリックして詳細を表示

iOS 9で指伝話シリーズをお使いの方へ

クリックして詳細を表示
section-icon

ちょっとお試し

流暢な音声をちょっと試すには「指伝話ちょっと」を無料でダウンロード!

section-icon

AppStoreから

アプリはAppStoreからいつでもご購入いただくことができます。法人で請求書払いが必要な時はご相談ください。

section-icon

Android版も

文章をタップして音声で伝える指伝話アプリはAndroid版があります。 
(他のアプリはiOS専用です)

section-icon

お得なパックあります

まとめてご購入いただく時はお得なパックもご利用ください。

section-icon

アカデミックパック

学校教育関係者がご購入になる場合はAppleのVPP(アカデミック)を使った割引購入ができます。

section-icon

評価機貸し出し

病院や施設、学校で指伝話を試したいけどiPadがない場合、有償で評価機を貸し出します。
 

指伝話ユーザの声

失語症、認知症、ALS、喉頭摘出、構音障害、教育現場、ミュージシャン、レストラン、そしてすべての方の豊かな生活のために。 
指伝話はさまざまな場面でご活用いただいています。

  • やっぱり格好いいが一番です。
     
    最初は使いこなせると思いませんでした。ただ単に格好いいと思いました。
    私は指伝話と一緒に生きていきます。

    img
    大野京子さん 60代女性 脳出血で失語症になり指伝話を使い始めた。
  • これでまたおしゃべりできる。
    このアプリケーションは私たち癌の手術で声を失った人のみならず、失語症、脳血管障害、重度脳性麻痺や神経難病で音声障害や構音障害が生じてうまくお話しになれない方、筆記が困難な方の福音となると思います。

    img
    赤木家康先生 50代男性 喉頭癌で声を失うも指伝話で外来診療を継続した。

メディアで紹介されました!