指でタップして声でことばを伝える…

指伝話シリーズのご案内

お知らせ

iOS9での動作について  iOS9で、指伝話ボード・指伝話ボードプラスで設定画面の表示が英語になる問題に対応しました。詳しくはこちらをご覧ください。(その他のアプリの最新版はiOS9に対応しています。)(2016年05月11日更新)

製品のご紹介

指伝話には用途に応じてさまざまな製品があります。iOS用アプリは AppStore から、Android用アプリはGoogle Playから、ハードウエアは直販しています。日常生活用具で指伝話KiT2をお求めの場合は直接お問い合わせください。 無料のアプリをお試しください。「指伝話ちょっと」で指伝話の流暢な音声をお試しいただけます。「YMビューアー」は指伝話メモリの絵カードを再生できます(ただし日本語の音声は再生されません。)

指伝話の特長

  • 自然な音声

    合成音声というと昔のロボットの不自然な音声を思い浮かべるかもしれません。iOS版の指伝話の音声は聞き易いことで定評のあるVoiceTextを使用。文節を考慮した音声生成で、より自然な声でことばを伝えます。

  • シリーズ化された製品群

    iPhone, iPadの良いところは目的別の専用機ではないことです。指伝話アプリに限らず、さまざまなアプリを追加することでいろんな機能を加えることができます。さまざまな指伝話アプリがあります。あなたに合った指伝話を入れてお使いください。

  • シンプルなインタフェース

    指伝話アプリは、できるだけ機能を絞り、操作を簡単にしています。それでもちょっと工夫して使うと、いろいろ便利な機能があります。慣れてきたら是非楽しんでください。例えば登録することばの中で話者を変えると会話がはずみます。

  • 使い方はあなた次第

    指伝話の使い方はこれだ!という決まりはありません。どう使ってもいい、そんな余白をアプリの中に残しています。ちょっと照れくさくていいにくい「いつもありがとう」「ごめんね」も指伝話ならきっと伝えられます。コミュニケーションがあれば、そこに笑顔が生まれます。

指伝話の考え方

ご紹介いただきました


2015年10月1日(木)放送
テレビ神奈川「神奈川ビジネスUp To Date」ビジネスのヒゲ コーナーより

私たちが目指すこと

コミュニケーションがあれば笑顔が生まれる

プロジェクトの計画当初は、満員電車の中で声を出さずに電話にでることが目的でした。その後、声が出せない状況にあっても電話ができるなら、声が出せない人が使える電話として普及させることも可能だと考えるようになり、インタフェースの工夫を重ねました。

指伝話は、障害を持った方専用のものではありません。ビジネスに特化したものでもありません。どのようにいつ使うかは、その人次第、そんな余白をアプリに残しています。失語症の患者さんは、ことばのわからない外国を旅行しているような不安があると言います。海外に旅行した時に安心できるアプリは、失語症の方に優しいアプリとなると考えています。

私たちは使い方を決めつけることなく、どんな風に使っていただけるのか楽しく想像しながら、より良い製品作りを目指して参ります。

指伝話は魔法の杖ではありませんが、コミュニケーションによって生まれた笑顔は魔法の杖になると思います。

体験相談会・展示会

体験相談会を開催しています

実際に指伝話を触って試してみたいという方のために無料の「指伝話体験相談会」を行っています

既にiPad, iPhone, iPod touchをお持ちの方で、体験した後に気に入ったら購入をされたいとお考えの場合は、ご自身のiPadなどの機材をお持ちください。

機材をお持ちではない、インストール方法がわからない、という方もお気軽にご相談ください。

展示会への出展も随時行っております

展示会場でも製品をご覧いただくことができます。

体験相談会・展示会出展の予定を見る

メディアで紹介されました

ユーザの声

いつも思うのですが「普通に便利」ですよね。仕事上、コミュニケーションになんらかの困難を抱える方の「どうしよう」を考える事が多いのですが、私が使いながら、こういうときもああいうときも使えるなぁと思うのがとても楽しいです。全く日本語が離せないアメリカ人の友達が出来た時、海外に行った時、iPadや指伝話自体が「何これー?」というコミュニケーションのきっかけになるのも魅力です。 - 千葉県:S.Yさん(言語聴覚士)
やっぱりかっこういいが一番です。
使いこなせるとは思っていませんでした。ただ単純にかっこいいと思ったんです。 - 大野京子様 失語症を発症後、iPhoneで指伝話を使う
RSSリーダやMCとして使っています。
読み上げアプリは他にも試しましたが指伝話のクオリティは音質・声の抑揚など群を抜いており、自然な使用が可能です。 - 神奈川県 渡辺てつ様 30代・男性(ミュージシャン)
これでまたおしゃべりできる。
このアプリケーションは私たち癌の手術で声を失った人のみならず、失語症、脳血管障害・重度脳性麻痺や神経難病で音声障害や構音障害が生じて、うまくお話になれない方、筆記が困難な方の福音となると思います。 - 故 赤木家康先生
ユーザの声の紹介ページへ

言語聴覚士の方へ

ご縁あって指伝話は言語聴覚士さんのアドバイスをいただきながら育ってきました。
そのお礼に感謝を込めて、言語聴覚士さんに特別オファーを提供しています。

製品購入時のST割|ST専用製品のリリース|発売前製品のご案内

詳しくはこちらをご覧ください